Site menu:

薬剤師求人の実際のところ

薬科大学で教員をやっているものです。近年、薬剤師養成校が急に増えたことによって、オープンキャンパスなどでも就職先や将来性などをよく質問されるようになりました。その実際のところの話をします。自分が免許を取得したのが今から10年ほど前になります。今の求人数などを見ていて大きな変化はないように思います。違うと感じるところが、自分の時は、製薬か薬局かで大体二分した形で見ていましたが、今はかなり細かくジャンル分けされています。薬局でもドラッグストア附属なのか、病院附属なのか、など、昔も変わらなくあったのですが、雇う側も人材募集に苦戦していることもあってか、それぞれ自分のところを特徴づけてアピールするようになっています。その結果、働く場所がよりクリアになっています。また、前途したように、まだまだ人材不足で需要はかなり多くあります。

薬剤師の求人募集はどうなっているか

薬剤師の求人はあまり見かけないと思いますが、探し方によって見つかりやすいか、そうではないかががわかります。求人誌には、医療系の仕事の募集は行っていないです。職業安定所や、ネットの専用ページで募集を行っています。募集をかけているのは主に大きな総合病院が多いです。普通のドラッグストアでの募集は店内に張り紙をして情報だしています。買い物しに行けば目にするという形になります。探し方は様々ありますが勤務形態が少し違います。病院や薬局での勤務は週5日となっていて休みが決まっています。ですが、ドラッグストアでは1週間のうち何日か出勤するという形で土日などもシフトで組んで出勤することもありますので、休みは不規則な形となってしまいます。そこが少し違いますので覚えておいてもらえたらと思います。探すときは職業安定所で探すことをお勧めします。

薬剤師の求人は増えていってる

薬剤師の求人は、昔は目立たないような感じだったのですが、今は結構目立つようになってきました。それだけ多くの人と必要としてるんでしょうね。働くところも増えたというのもあるんだと思います。以前は病院の薬局か、従来の薬局しかなかったですが、今は処方箋薬局が多くなってきているので、すごく必要とされています。ドラッグストアでも処方箋を扱うところが増えたので、そういうところも募集は多くなってきてると思います。一人では回らないというのがあるので、複数の人間が必要となってきます。そうなってくると、求人も必然的に多くなってきてると思います。資格を持ってる人というのは案外多いとは思います。それを生かす事が出来ないで、ずっと持ったままという人もいるとは思います。そういう人にとっては働く場所が増えたというのは嬉しいですね。

Write a comment





日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)